ザッピング

チャンネルはころころ変わる

Red Velvet '안녕, 여름(こんにちは、夏)(Parade)' 歌詞和訳

 

作詞:서지음/作曲:Fredrik Haggstam,Johan Gustafson,Sebastian Lundberg,Ylva Dimberg/編曲:Trinity Music

 

 

もりからくうぃろおるりょむっご

머리카락 위로 올려 묶고

髪をアップにして結んで


Ye yup Ye yup Here we go

Ye yup Ye yup Here we go

 

うんどんふぁっくんぱちゃったんぎょむっご
운동화 끈 바짝 당겨 묶고

スニーカーの紐をぎゅっと引っ張って結んで


Get up Get up Here we go

Get up Get up Here we go

 

ぼりっぱるがんげくうるりょどくぇんちゃなくぇんちゃな

볼이 빨갛게 그을려도 괜찮아 괜찮아

頬が赤く日に焼けたって平気なの

 

てやんいかじゃんのぷんばろいすんがん
태양이 가장 높은 바로 이 순간

太陽が一番高いまさにこの瞬間

 

 

かっかうんぱだっかがおでぃどら

가까운 바닷가가 어디더라

近い海岸はどこだっけ

 

ぱどがいるろんいごもれがぱんちゃぎぬん
파도가 일렁이고 모래가 반짝이는

波がゆらゆら、砂がきらきら

 

おんどげおらそどちょうるごや
언덕에 올라서도 좋을 거야

坂へ上るのも良いものね

 

すぴょんそんもりかじねりょたぼるすいんぬん
수평선 멀리까지 내려다볼 수 있는

水平線の遠くまで見下ろせる

 

ちぐむねがまちゅんかるけ

지금 내가 마중 갈게

今私が迎えに行くよ

 

ぱんがぷけのるまじゃじゅるけ
반갑게 널 맞아줄게

喜んで君を迎えてあげる

 

たがおぬんのるるひゃんへ
다가오는 너를 향해

やって来る君へ向かって

 

なんいんぬんひむこっぺたるるぱぱ
난 있는 힘껏 페달을 밟아 Ring ring

私は力の限りペダルを踏む Ring ring

 


べるそりるうるりみょ
벨 소릴 울리며 Parade

ベルの音を鳴らしながら Parade

 

ったむぱんうるなるりみょ
땀방울 날리며 Parade

汗のしずくを飛ばしながら Parade

 

ちゅんしむるちゃぱ
중심을 잡아

重心をとる

 

とぅぱるるぽるりょ
두 팔을 벌려

2本の脚を広げて

 

ぱらむるまじゃ
바람을 맞아

風を迎えるの

 

うりんあるだしぴ
우린 알다시피

私たち、知っている通り

 

もんまるりょもんまるりょもんまるりょ
못 말려 못 말려 못 말려

引き止めることはできない

 

 

たるりょぼじゃちょもるり

달려보자 저 멀리

走ってみよう、あの遠くへと

 

くちぼいるってかじ
끝이 보일 때까지

終わりが見えるところまで

 

 

おんぬんきるどまんどぅるすがいっち

없는 길도 만들 수가 있지

ない道だって作ればいいじゃない?

 

じゅんびでぇっそおでぃどん
준비됐어 어디든

準備できたわ、どこでも

 

くぬがもぉらへどさんぐぁんおぷち
그 누가 뭐라 해도 상관없지

誰が何を言っても関係ないでしょ

 

いげばろないんごる
이게 바로 나인 걸

これがまさに私なの


すみとっくっかじちゃおらどくぇんちゃなくぇんちゃな
숨이 턱 끝까지 차올라도 괜찮아 괜찮아

息が上がったって平気なの

 

もるりちょろぎちどじぬんいすんがん
멀리 초록이 짙어지는 이 순간

遠く緑が濃くなるこの瞬間

 

 

かっかうんぱだっかがおでぃどら

가까운 바닷가가 어디더라

近い海岸はどこだっけ

 

ぱどがいるろんいごもれがぱんちゃぎぬん
파도가 일렁이고 모래가 반짝이는

波がゆらゆら、砂がきらきら

 

おんどげおらそどちょうるごや
언덕에 올라서도 좋을 거야

坂へ上るのも良いものね

 

すぴょんそんもりかじねりょたぼるすいんぬん
수평선 멀리까지 내려다볼 수 있는

水平線の遠くまで見下ろせる

 

ちぐむねがまちゅんかるけ

지금 내가 마중 갈게

今私が迎えに行くよ

 

ぱんがぷけのるまじゃじゅるけ
반갑게 널 맞아줄게

喜んで君を迎えてあげる

 

たがおぬんのるるひゃんへ
다가오는 너를 향해

やって来る君へ向かって

 

なんいんぬんひむこっぺたるるぱぱ
난 있는 힘껏 페달을 밟아 Ring ring

私は力の限りペダルを踏む Ring ring

 


べるそりるうるりみょ
벨 소릴 울리며 Parade

ベルの音を鳴らしながら Parade

 

ったむぱんうるなるりみょ
땀방울 날리며 Parade

汗のしずくを飛ばしながら Parade

 

ちゅんしむるちゃぱ
중심을 잡아

重心をとる

 

とぅぱるるぽるりょ
두 팔을 벌려

2本の脚を広げて

 

ぱらむるまじゃ
바람을 맞아

風を迎えるの

 

うりんあるだしぴ
우린 알다시피

私たち、知っている通り

 

もんまるりょもんまるりょもんまるりょ
못 말려 못 말려 못 말려

引き止めることはできない

 

 

よんうぉにぬんぶしるごやいよるみ

영원히 눈부실 거야 이 여름이

永遠に眩しいのね、この夏が

 

          ぬぬるっとしじゃけ
Hello 눈을 떠 시작해 My girls

Hello 目を開けて始めるよ、Mu girls

 

ちぐむねがまちゅんかるけ

지금 내가 마중 갈게

今私が迎えに行くよ

 

ぱんがぷけのるまじゃじゅるけ
반갑게 널 맞아줄게

喜んで君を迎えてあげる

 

ちぐむねがまちゅんかるけ

지금 내가 마중 갈게

今私が迎えに行くよ

 

ぱんがぷけのるまじゃじゅるけ
반갑게 널 맞아줄게

喜んで君を迎えてあげる

 

 

べるそりるうるりみょ

벨 소릴 울리며 Parade

ベルの音を鳴らしながら Parade

 

(ぺだるるぱぱそりるるじろ)
(페달을 밟아 소리를 질러 Hey!)

(ペダルを漕いで声を上げて Hey!)

 

ったむぱんうるなるりみょ
땀방울 날리며 Parade

汗のしずくを飛ばしながら Parade

 

いとろくすむかっぷん
이토록 숨 가쁜 Parade

こんなに息が軽い Parade

 

(のわなのわなえ)

(너와 나 너와 나의)

(君と私、君と私の)

 

いとろくっとぅごうん
이토록 뜨거운 Parade

こんなに熱い Parade

 

(よるむるまんな)
(여름을 만나)

(夏との出会い)

 

ちゅんしむるちゃぱ
중심을 잡아

重心をとる

 

とぅぱるるぽるりょ
두 팔을 벌려

2本の脚を広げて

 

ぱらむるまじゃ
바람을 맞아

風を迎えるの

 

うりんあるだしぴ
우린 알다시피

私たち、知っている通り

 

もんまるりょもんまるりょもんまるりょ
못 말려 못 말려 못 말려

引き止めることはできない