ザッピング

チャンネルはころころ変わる

'18.01 “HIGH CUT” Vol. 214 Red Velvet インタビュー日本語訳

f:id:iamyu:20180119045107j:image

 

2017年はレッドベルベットにとって「レベルアップ」の年であった。ミニアルバム'ROOKIE''The Red Summer'、そして正規2集'Perfect Velvet'と3枚の音盤を発表しながら、デビュー以来最も活発に活動した。ファンクラブ「レベラブ」も創設され、8月には3日間に渡って単独コンサートを開いた。個人活動も活発であった。アイリーンはバラエティと広告で活躍し、スルギとジョイは初めて演技に挑戦した。ウェンディはドラマOSTとソロ曲を発表し、イェリは作詞作曲家として名乗り出た。2018年、レッドベルベットは5年目のガールグループになる。大衆的に愛される「レッド」コンセプトの頂点'Red Flavor'を発表した直後、ミステリアスで蠱惑的な「ベルベット」コンセプトの集大成となった'Peek-A-Boo'まで、熟達した巧みさを消化した少女達の2018年はどんなものになるだろうか?(記者:チョン・ジヘ)

 

 

【IRENE】

 f:id:iamyu:20180119070147j:image

 

―昨年夏にインタビューした時、スマホにメモしたことをしばしば整理するとお話されていた印象が強いです。最近も日記のように日常のことをメモしますか?

はい。メモをすることでスケジュールを整理したり、マネージャーオッパたちに見せる内容を整理したり、何の映画を観たか書いたり、最近はそのくらいです。映画をたくさん観るのでそれも書いておきます。「グレイテスト・ショーマン」も観て、「神と共に」も観ました。

 

―2017年はレッドベルベットにとって初めての出来事が多かったですよね。ファンクラブも創設して、初めてのコンサートもしました。コンサート中に一番感動した瞬間があったとすれば、それはどんなことですか?

初日はステージのことだけ考えていて、特別な感情はありませんでした。2日目の朝にリハーサルのために会場に行ったのですが、がらんとした空間を見て「たくさんの人がこの空間を埋めてくださっていたのだな」という思いが浮かんで、突然すごく涙が出てきました。もうとんでもなく。はは。コンサート期間中は天気も良くなかったのに、たくさんの方たちが待ってくれていたのです。

 

―もっとも良かったステージは何ですか?

‘Zoo’の時に2階と3階を見ていたのですが、私たちが突然振り返ってスタンディング席に向き合ったら、ファンの皆さんが声をたくさんあげてくださったことがとても嬉しかったです。皆さんが「わあレッドベルベットだ~わあアイリーンだ~~」ってただ名前を呼んでくれたことも良かったです。そしてスタッフの皆さんにも本当に感謝しています。私たちが徹夜した時は、一緒に徹夜して夜をともにしてくださりました。ステージを設置する姿も全部見ていました。設置してくださった方々にも本当に感謝しています。

 

―2018年、新年最初の日はどうしていましたか?

最後の仕事が終わってすぐに、家に帰りました。家族とトックク(お雑煮)を食べて、母と妹と一緒に市場へも行きました。私が直接トッポギを作ったりもして、家族はすごく美味しいと言ってくれました。とても。だから私も本当に胸がいっぱいになりました。私にも料理のセンスがあったようです。ふふ。「オンマ、私料理のセンスあるでしょ?」なんて話しながらトッポギを食べました。

 

―トッポギは食べるのは簡単でも、美味しくすることは簡単ではありませんよね。

よく御存じですね!実は難しい料理です。後味がすっきりしないままになってしまうんです。(記者:美味しくするためのコツを教えてもらえますか?)コツですか?コツが何かあるかな。あ、「オンマ、これしばらくこねて」ってずっと言ってました。はは。(記者:それでは結局オンマの腕が秘訣なんですね?)でも、ヤンニョムの比率は私が決めたんですよ。野菜が好きなのでキャベツを入れました。ラーメンよりうどんの麺を入れるのがお薦めです。

 

―アイリンさんが最近はまっていることは何ですか?

私です。私自身にはまっています。変わっていくのを見るのが楽しくて、好きです。人はずっと同じではいられないじゃないですか。メモにしておいた自分自身の姿が変化していくのを見ると、もともとの私も好きですが、変わった私はさらに好きです。はは。

 

―アイリンさんの2018年の目標は何ですか?

すごく熱心になれたら嬉しいです。よく聞いてよく話す人になりたいです。

 

 

【SEULGI】

 

f:id:iamyu:20180126173615j:image

 

―何か月か前にインタビューした時に、描いた絵を見せて頂いたことを覚えています。最近も描きますか?

しばらく描いていませんでしたが、2018年にもなりましたし、以前していたことをまた始めて適当に描いてみたいです。最初は以前と同じようにしたかったのですが、今は私だけの絵画スタイルを探してみたいです。同じ対象を見たとしても、それぞれの人ごとに差異があるじゃないですか。(スマホを見せながら)最近はドローイングすることにはまっていくようです。(スタッフたちが感心するのを見て恥ずかしそうに)趣味としてずっとやっていきたいです。インスタグラムを見ていると、絵を描く過程まであげている方がいるじゃないですか?そういうものを良く見ながら真似しています。

 

―2017年最後の日は何をしていましたか?

メンバーたちはみんな疲れ果てていたのですが、私はすごく出かけたかったんです。なのでウェンディとマネージャーオッパと出かけて、お肉を食べました!

 

―2017年を振り返って、自分を褒めてあげたい点があるとするなら?

ファンの皆さんとよく会えるように一生懸命活動したことです。一番活発に活動しました。

 

―初めてのコンサートもしましたね。

そうなんです!私たちはいつも先輩方のステージを見ている立場だったじゃないですか。たくさんのファンの方々が一人の歌手を好きで、歌詞まで覚えて、泣きながらステージを見る姿がとても不思議な感じでした。それなのに私がステージに立っても実感が湧きませんでした。こんなにたくさんの方がいらっしゃったのに。全員が私たちのファンなので、失敗したとしても、綺麗な目で見てくださっていて、そのことに感動しました。私が言う一言一言に反応してくださって、すごかったです。ふふ。泣いちゃいますね。

 

―ファンの皆さんは今、レッドベルベットがアユクデに出場するというニュースにざわめいているようですが?

ジョイと一緒にボウリングに出ます。昨日も練習しに行きました。先生方が本当に褒めてくださりますし、1位を狙うつもりです。練習にもっとよく行けるように激励してください。(記者:メダルを受け取ることが可能ですか?)ボウリングですよね。よく出来る時もあるし、上手くいかない時もあります。全ての条件が揃えばストライクが成り立つ、ものすごく科学的なスポーツです。(一同爆笑)真ん中だけ狙えたらいいと思います。どうかガターにだけは(ボールが)落ちませんように。

 

―スルギさんが最近一番はまっていることは何ですか?

フィルムカメラです!私の初めてのフィルムが終わったところで、実際今2本目のフィルムです。最初のフィルムは、フィルムを取り換える時に思わず開いたまま現像してしまって、写真は上手く出てこなかったんですが、結果は思ったより大丈夫でした。見たいですか?(スマホを見せながら)私がメンバーたちも撮ってあげました。最初の作業では、ほとんど取り出すだけで疲れたのに、思ったより悪くないですよね?はは。昔からフィルムカメラで撮ってみたかったんです。親しいフォトグラファーのオンニにお薦めを教えてもらって(カメラを)買いに行ったのに、自動ではなく手動のものを買ってしまいました。でもそれを勉強することが楽しくて、とても良いです。

 

―スルギさんの2018年の目標は何ですか?

悩めば悩むほどさらに深くなることが分かりました。もう少し単純に楽しく過ごしてみたいです。

 f:id:iamyu:20180119070200j:image

【WENDY】

 

f:id:iamyu:20180126173651j:image

 

―2017年最後の日はスルギさんとマネージャーオッパと一緒にお肉を食べたんですよね?

あっどうしてご存知なんですか?オーストラリア産の牛肉でした。(一同爆笑)味はよかったですよ。はは。

 

―新年最初の日は何をされましたか?

両親と一緒に過ごしました。(普段は)カナダにいるのですが、韓国に何日か泊まりに来ていたので、私が行きたいところへ両親を連れて行きました。一日だけでIKEAとスターフィールド河南(※スターフィールドハナム、京畿道河南市にあるショッピングモールみたいです)に一緒に行きました。

 

―たくさんの人が行きますよね?気づかれたらどうしました?

誰も気づかなかったみたいです。すっぴんだったので!(一同爆笑)それでも本当に気が気でなくて、実際何も買いませんでした。IKEAまで行ったのに、ジッパーバッグしか買えませんでした。収納箱を買うつもりだったのですが、全部売り切れでした。スターフィールド河南はすごく混んでいたので「ああ何も見えない。(この店を)出よう」という方式で、一日だけで全部見て回りました。筋肉だけ手に入れましたよ。

 

―2017年を一度振り返ってみましょう。一番残念なことはありますか?

序盤は元気いっぱいだったのですが、後半には力が抜けてしまったようです。ダイエットのせいだと思います。今はまた健康になって、問題は一つだけです。でもステージに立つ時には全力を出します。(記者:痩せなきゃいけないところがどこにあるんですか?)たくさんあります。今は全部(服で)隠れてるじゃないですか。はは。

 

―コンサートでは初めてソロ曲を歌いましたね。

歌手になってからの夢が叶って幸せでした。コンサートが終わって「ああ私を好きな人たちがこんなにたくさんいて、愛する人たちとステージに立てるって本当に幸せなことだな」と気づきました。コンサートの場面を一つ一つ目に焼き付けようと頑張りました。ソロ曲は初めてで震えました。もっと良くできたのではと惜しい気持ちもありますが、後悔はありません。

 

―話しながら泣きそうになっているのが分かります。コンサートでも泣きましたよね?

メンバーたちが「ウェンディのお母さんとお父さんがいらっしゃりました。ウェンディのステージを見られるのは初めてです」と、こんなふうに言った時に(涙が)ブワッと出ました。お母さんはもともとよく泣く方なので、たぶんステージが始まってすぐに泣いたのではないでしょうか。コンサートが終わった後、お母さんから「あなたが私の娘であることを誇りに思うわ」という言葉をもらったのですが、その言葉を見た時が2回目の涙腺爆発でした。ふふ。

 

―ウェンディさんが最近一番はまっていることは何ですか?

私は人生にはまっています。はは。私は家が大好きな人間です。そして親しい人とだけ、もっとより一層深く親しくなっていくスタイルです。まだメンバーたちのことをもっとよく知りたいと思っています。ストーカーみたいです。でも今はもう少し外に出て、他の人たちとも会ってみたいです。私は本当に家か練習室かだけで過ごしてきました。それ以外は出勤写真を撮られてもいいように、私服を買いに少し出かけるくらいです。はは。

 

―それではウェンディさんの2018年の目標は「家から外へ出ること」ですか?

はい!それと健康に生きることです!健康第一です。そして私を見てくださる方々が心身ともに健康であれば嬉しいです。

 

 f:id:iamyu:20180119070244j:image

 

【JOY】

 

f:id:iamyu:20180126173721j:image

 

―新年からドラマとバラエティを行き来して忙しくなりますね。ドラマ「偉大な誘惑者」ではヒロインを演じ、バラエティ「シュガーマン2」では固定パネラーとして出演します。

責任重大です。はは。原作の『危険な関係』はかなり前に出された小説で、それをリメイクした映画「愛より美しい誘惑」を観ながらキャラクター研究を一生懸命しているところです。私が演じる人物「ウン・テヒ」は矛盾のあるキャラクターです。うわべだけ見ると、男性に関心がなくて、シックでクールに見えるのに、一方では自分に向かってくる男性に引きずられもするんです。

 

―ファンたちは、去年から多様な経路でジョイさんと会えるようになって歓迎している雰囲気でした。しかしジョイさんの健康を心配する声も聞かれました。

ああ…私は体力が非常に弱いからです。はは。昨年はとりわけ初めての試みがたくさんありました。レッドベルベットが音盤を3回出して活動することも初めてでしたし、ファンクラブも初めて創られましたし、初めてのコンサートもしました。また、私は初めてのドラマにも出演しました。体力の限界を耐えながら、全てやり抜きました。はは。鍛錬しているようでした。

 

―去年2017年に点数をつけるとするなら何点ですか?

85点です。後悔していることが多いです。私は一年中かわいくしていたかったので、どんなスタイルが似合うのかたくさん試しました。はは。髪を短く切って赤く染めて、また黒くしました。こんなスタイルは似合うだろうかと、私服もいろいろなものを着ました。それなのに試行錯誤が多すぎたみたいです。(一同爆笑)髪は本当に短くしなければならなかったようです。(記者:いや、そのスタイルお似合いなのに。どうしてそう思うのですか?)もちろん、これも一つの過程として考えたとしたら綺麗ですが、私のスタイルにぴったりくるものはこれではないようです。

 

―最も気分が満ち足りたことは何ですか?

2017年の始めと終わりでメンタルが完璧に違ったことです。私はいつも終わりを見て走っていきます。考えていた目標へ届かなかった場合、悩んで自分を攻撃しながら「どうして私はこれしかできないの?もっと頑張らなきゃ」と言います。そうするうちに隣にいる人たちのことが目に入ってきます。メンバーたちに悩みを話して、悩みを引き離す瞬間瞬間だけでも幸せを感じられるのだと分かりました。本当にこんなに(自分に)鞭打ちするようにしなくても上がれるのだと、なぜ分からなかったのだろうと。なので年末は幸せに過ごしました。

 

―ジョイさんが今一番はまっていることは何ですか?

音です!「彼女は嘘を愛しすぎてる」(※ジョイが主人公を演じたドラマ、2017)のキム・ジンミン監督へ、私が「キャラクターを研究すればするほど答えがなくて疲れました」と申し上げたら、「あなたは本来音に敏感な人だから、キャラクターに合う音を探してみたら。そしたらするする解けていくかも」と言ってくださりました。なので最近は耳をすまして、人々の音を全部聞いています。ああ、あの人は普段はこんな声だけど、気分の良い時はトーンがあんなふうに変わるのだな。このようなことを把握したら、毎瞬間耳がうるさいです。メンバーたちのところへも行って(トーンを上げながら)「こんなふうに言ったらどんな性格に見える?」(トーンをさっと下げて)「そしたらこんなふうに言ったら?」なんてずっと尋ねています。ふふ。

 

―2018年の目標は何ですか?

結果に執着せず、毎瞬間を幸せに過ごすことです。個人的にずっと練習している部分です。

 

 f:id:iamyu:20180119070254j:image

 

【YERI】

 

f:id:iamyu:20180126173750j:image

 

―20歳になった感想をお聞きしてもいいですか?

ああ、この質問本当にたくさん聞かれます。実は私の性格的に何か大きく変わるだろうという予感はありません。平然としています。運転免許は19歳の誕生日が過ぎれば取ることができるから、すぐに取るつもりだと言ってから既に2年が経ってしまいました。今年は取るつもりですけど、どうなるでしょうか?ふふ。

 

―10代最後の日は何をしていましたか?

MBC歌謡大祭典を終えた後に、女優のハ・ヨンスオンニと一緒にご飯を本当にたくさん食べました。(※韓国では数え年で誕生日を考えるため、元日に年をとります)ワインを一杯飲んだかな?その日はお腹を壊して、新年最初の日からひどく疲れました。

 

―何を食べてお腹を壊したのですか?

あ~それがですね…私が家に帰ってきた時テーブルにイチゴが置いてありました。オンニたちが「イェリ、疲れてるだろうから食べな」と言いながらあれこれ用意してくれて、イチゴがすごく好きなので全部食べたんです。それなのに急に明け方からお腹の具合が悪くなりました。ご存知でしょうか、イチゴを重曹で洗うと良いって話を。でも重曹には食用と、下水道とかを磨く多目的用があるんです…(一同爆笑)そんな中、新年最初の日にトックク(お雑煮)を食べることになって「食べ物で押し出せばいいんだ」とムシャムシャ食べました。本当に笑いましたよ。はは。

 

―最近イェリさんが一番はまっていることは何ですか?

うーん、本屋へ行くとお金をたくさん使います。最近もたくさん買ってきました。本屋を好きな理由は、人々が他人に神経を使わないということです。ふふ。座って本を積み上げて読みます。

 

―どんな本を買ったのか、リストを公開してもらえますか?

それなら私のスマホを持ってきてもいいですか?レコーダーを少しの間「ストップ」してください!(イェリは、記者がレコーダーのストップボタンを押して待機している間せかせかと走って行き、スマホを持って来て見せてくれた)『ケンイブリマルの子どもたち』『星の王子様』『告白』『3月は深き紅の淵を』『ノルウェイの森』などの他に、イ・ビョンリョルさんという詩人の詩集もあります。普段、本当によく本のお薦めをされます。本屋へ行き軽く読んでみて面白いもののようだったら、とりあえず買います。

※『ケンイブリマルの子どもたち』キム・ジュンミ作の韓国の児童文学。『ねこぐち村のこどもたち』というタイトルで翻訳書が出ている。

http://blog.goo.ne.jp/dalpaengi/e/b36092d90b3f945caf3bd1c63fc83fb5

※『告白』おそらく湊かなえによる日本の小説

※『3月は深き紅の淵を』恩田陸による日本の小説

 

 

―2017年に点数をつけるとしたら何点ですか?

480点です。(記者:100点満点なのに?)あ、そしたら48点ですね。後悔していることが多いです。自責の年だったと見ることができます。一番後悔していることは、本当にもっとたくさん周りの人たちと話すことができたんじゃないかなということです。

 

―2018年の目標は何ですか?

幸せに生きることです。

 

―何をしている時が一番幸せですか?

探しているところです。作詞作曲も面白いです。ファンの皆さんと会うことも好きなことの一つです。去年初めて作詞作曲した曲が出た時、とても胸がいっぱいになりました。いつかコンサートで私が作った曲を聴けたら良いなと思います。実はもうファンたちのための曲を作ってあります。デビューして1000日が経った時、「1000」に注目して歌詞を書いてインスタグラムストーリーに載せました。そこに曲をつけました。いつか公開できる日が来ますよね?

 

※言及されている「1000」だと思われるインスタストーリー

f:id:iamyu:20180126181703j:image

 

1000

桜の木の下そのどこか

私たちが向かい合ってぎこちなかった私を覚えてる

実はその時震えてたでしょ?

うーん、私も本当にそうだった

あなたはたぶん知らないだろうけど

 

そっと目を閉じて考えてみる

私たちを描き出すその何かは何なのか

ただあなた、暖かい色のあなただということ

 

私たちを思い出させるそのいつか

星たちを眺めた少しの間

物寂しくなった私を覚えてる

実は少し隠してたでしょ?

うーん、心が本当にとても痛かった

あなたはもう少し知っているだろうけど

 

そっと目を閉じて考えてみる

私たちを描き出すその何かは何なのか

ただあなた、暖かい色のあなただということ

 

 

f:id:iamyu:20180119045305j:image

 

 

以下雑感

 

終わった…長かった……(正直な感想)

初めて韓国語から直接訳してみたけど、やっぱりすごく時間かかった。一人あたり1時間半~2時間は余裕でかかったし、もうしばらくやりたくない~~(笑)でも来週カムバするとか言うし、また訳したいものすぐに出てくるだろうなっていうジレンマ…疲れたww

辞書めくるのは少しだけ早くなったかな?笑

 

でもやっぱり韓国語から直接訳すと、メンバーそれぞれの声が聞こえてくるようで楽しかった。アイリンが控えめに話しながら笑う様子とか、するぎちゃんが「マジャヨ!」って言う興奮した声とか、あ~~この子確かにこんなふうに話してるなって思い浮かぶ。

 

とりあえず私もグレイテストショーマン観に行こう。